里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫

アクセスカウンタ

zoom RSS 春の週末三連闘(金)

<<   作成日時 : 2017/04/18 21:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年一番の陽気となる予報が出ていた先週末。
地味ライトを三夜連続で行うコトに。

市内イボタガに期待して昨年の日記を見て
同時期に行っていない場所を選んでみた。

金曜日は音羽地区の萩 イボタ等の植樹が付近にあるかは不明。

一番乗りはスカシコケガ
(2017年4月14日・豊川市萩)
画像


続いてフクラスズメ 後翅の青が確認できる
画像


ウスオエダシャク
画像


オオトビスジエダシャク
画像


ウスアカモンナミシャク
画像


ハスオビエダシャク
画像


直接ライトには来ずに車の後方でのたうちまわってた
カレハガ?をネットに入れて明るい所で確認したら

思いがけないエゾヨツメ !
画像

正直イボタガより豊川市内での確認は難しいと思っていた。

マダラスキバヒメハマキはこの夜一番多くて15くらい来たと思われる
画像


よくよく見たら全部がマダラスキバではなくて何種か別のものがいた。
うっすら緑ががっている謎ヒメハマキ1
画像


中央がアイボリーのヒメハマキ?
セシロ系やマエグロスソモンよりも肩部の白が幅広い謎ヒメハマキ2
画像


中央部のカギ紋が気になる謎ヒメハマキ3
ミダレモンヒメハマキの中の1タイプなのかしら?
画像


これは夏型とは全然模様が違うプライヤハマキの越冬型かな
画像


後翅が黒かったキヨトウ系と思われる種
クロシタキヨトウは夏の蛾と思うし、黒点の内側の白い短条が気になってましたが
マダラキヨトウとご教示頂きました。
画像


自己初のハングロキノメイガ
画像


ホソガ タイプ1
画像


ホソガ タイブ2
画像


本日一番小さかった蛾 3ミリくらいだろうか
方眼紙に乗せて撮りたくて、そっと近づけたが即座に反応して消え去ってしまった
画像


こちらも気になる緑のユニオンジャック柄
一枚撮ったら(ボケてたー)すぐに消え去ってしまった とても悔しい
画像


アツバもまだ未同定
画像

この他ケンモンキリガとスカシエダシャクとカバナミシャク系は多めだった。
やること多過ぎて、4日遅れでやっと一日分を掲載・・・・

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
白い短条が気になる蛾は、マダラキヨトウ では
 変異の多い種です。色んな模様がいますよ。
http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Hadeninae/Mythimna_flavostigma.html

ツユヒメ
2017/04/19 07:59
>ツユヒメさん
何時もご教示ありがとうございます。
マダラキヨトウで納得です。
始終空
2017/04/19 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
春の週末三連闘(金) 里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる