アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫
ブログ紹介
壊れかけたFZ200をぶら下げて愛知県豊川市を中心に徘徊しています。
何時まで経っても下手くそですが、
なんとか見られる写真が撮れればいいなぁと。
HPに使用した写真はこちらからは順に削除して行っています。
http://winstonland.jimdo.com/
にまとめてありますので、よかったらどうぞ。
zoom RSS

羽アリを避けて

2017/06/25 21:32
大雨の後、自宅前やコンビニで羽アリを大量に見るようになったので
この週末は羽アリ対策に標高を上げてみようと市内の2ヶ所の峠へ。
どちらも300b未満だが、羽アリもカゲロウもトビケラも来ず
蛾中心の観察が出来た。

キノコゴミムシはライトに初飛来
(2017年6月23・24日 豊川市)
画像


ナガフトヒゲナガゾウムシ
画像


キガシラオオナミシャク
画像


キバラエダシャク
画像


ヨスジキエダシャク
画像


シラフクチバ
画像


こちらは内横線が直線なのでアヤシラフクチバか
画像


モンムラサキクチバは二箇所とも飛来
画像


ウスグロコケガもどちらにも登場
画像


明るい黄色のノメイガは大好き
マタスジノメイガ
画像


クロスジキンノメイガ
画像


小さくても存在感のあるギンモンシマメイガ
画像


シロツバメエダシャク
画像

平地では悉くウスキツバメしか来ないけれど
200bの標高差が大事なのかここでは2頭目
触角を見るまでも無く、第一印象からしてウスキと違った。

自分的一番の獲物は自身初のヒメハマキと思われるモノ。
現在同定ちう・・・

記事へトラックバック / コメント


カゲロウ日和

2017/06/19 21:30
土曜日は少し前からライトを試そうと思っていた今年見つけた林道へ。
夕刻に訪れるのは3度目だが、過去2回は来てはみたものの風が強めだったので
防風林のあるポイントへ移動したりして、今回やっと試行出来た。

「何が来るかな?」と点灯したらあっと言う間にカゲロウで一杯に。
真っ暗になる頃には数も落ち着いたけれど、それまでは近寄りがたい状況に。
(気持ち悪い程なので写真は撮らず)

で、この日の獲物は
タケカレハ
(2017年6月17日・豊川市東上町)
画像

笹に付いている大きな幼虫は良く見るけれど飛来は2度目

ナミガタシロナミシャク
画像

新鮮な個体だったので思わず捕獲

ギンモンカギバは今年2頭目
画像


モンシロヒラタマルハキバガも今年2頭目
画像


キクビゴマケンモン
画像

ゴマケンモンはかなり見たがキクビは初

オオマエベニトガリバと一度捨てて数を減らした後のカゲロウ達
画像

こいつは全然止まらないで5分くらい動き回った後消え去った・・・

オオベニヘリコケガ
画像

市内のこの仲間ではあまり見かけない種類

やっと来ました「自分が見てみたいが10選」の内の1頭
モモイロツマキリコヤガ
画像


次はサラサリンガ・ベニトガリアツバ・キマダラコヤガを熱烈歓迎!!

おまけは
方眼紙にいつの間にか乗っていたカニ〜
乾いたサワガニ〜
画像

先日のイモリもそうだったが、結構乾いた場所も通過するんだね・・・
記事へトラックバック 0 / コメント 2


ちゃぶ台返し

2017/06/16 23:50
月の無い週末、日中の最高気温更新と好条件が揃った週末。
勇んでライトに向かったが、風が少し強めなので狭間にある林道へ。

予想通りここは風がこないと方眼紙をセットしたのだが
辺りが真っ暗になる頃には時折強い風が吹くようになり
何度もシーツがはためきその都度方眼紙が飛んで行ってしまうようになった。

21時過ぎにはとうとう風が止むことが無くなり仕方なく撤退。
見馴れないミクロが沢山いた気がするのだが、
殆どがピントを合わせる前に方眼紙ごと飛んで行った・・・・

(2017年6月16日・豊川市音羽地区萩)

ヘリスジシャチホコは初顔合わせ
画像


ギンボシトビハマキも初
画像


クビワウスグロホソバは3度目かな そんなに多くなさそう
画像


クチバスズメは2度目
画像


クロエリメンコガやヘリグロメンコガ似だが少し違うこの蛾は初めてだが数が多かった。

画像


開始直後の風の無い時に来た2ミリ程しかない極小蛾 
画像

大きく撮るとピント合わない・・
画像

これ何科なのだろう??
記事へトラックバック 0 / コメント 2


森は栗の香

2017/06/11 21:25
栗の花の季節なので音羽町萩地区にある栗畑へ今年も行ってみた。
柵の扉が開き、地主さん?が草刈りをしていたので挨拶して入場を許してもらうことが出来た。

昨年はオオミドリ以外の平地ゼフ、アカシ・ウラナミアカ・ミズイロオナガ・タダミドリが
吸蜜に訪れていたので今年こそはとオオミドリを探すが、ゼフが一つもいない。
例年多く見られるジャノメ類も全く見ない。
どうなってんの? とんでもなく不作の年だったのするの??

結局見たのはヤマサナエ(多い)と
(2017年6月10日・豊川市萩地区)
画像


セアカツノカメムシくらい。
画像


夜は足山田地区でライト。

移入種?キモンホソバノメイガはとても多くなってこの日一番の勢力だった。
代わりに減る種がいるのだろうか??
画像


キベリスカシノメイガは初顔合わせかも。
画像


カクモンキシタバ 残念ながらカトカラでは無い。
画像


今年4♂目となるコクワガタ 他のクワガタはまだ今年は見ていない
画像


昔はクワガタが採れたら会社に持っていけば
みんなお子さん用に欲しがったものだが、今では頼まれるコトもなくなった。
子供たちの目がもう自然を見ていないのかなぁ・・・

今日はもの凄くサラサリンガの予感がしていたのだが見事に外れた。
株も日経先物も予感を外しまくりなので、自分の逆張りが出来る人は
巨額の富を稼ぎ出せるかも? 誰か挑戦してみません???
記事へトラックバック 0 / コメント 2


今年もムカシヤンマ

2017/06/06 20:26
サナエトンボの仲間を探して林縁を歩いてきたら
サナエ柄のトンボがヨタヨタと飛んで来て高めの枝に止まった。

ムカシヤンマ
(2017年5月20日・豊川市千両町)
画像

もうね、止まるっていうよりもかろうじて葉っぱの上に乗っかっている状態でホントどんくさい。
よくこんなのが古生代?から生き残ってこれたものだと思う。
画像


日陰に羽化したてと思われるウラゴがいた。


記事へトラックバック / コメント


赤と黒のダンディー

2017/06/06 20:25
金曜日にライトをしていたら何かヘンなのがいつの間にか来ていた。
最初はトカゲ?と思い、次には「もしヤモリなら捕まえて家で放そう」と近寄ったら
ありゃまぁ、アカハライモリであった。
(2017年6月2日・豊川市千両町)
画像


雨上がり直後でなくてもイモリは草むらを歩くんだね。

お帰りも草むらへ消えて行った。
画像

記事へトラックバック / コメント


ウラナミアカシジミ

2017/06/04 18:08
市内のハンノキ林に行ってみたが、この日見たゼフはこの種のみ。
(2017年6月3日・豊川市平尾町)
画像

別個体
画像

コヤマトンボが翅を休めていた。
やらせじゃない写真は初めてかも・・・
画像

草地ではそこかしこからナキイナゴの声が聞こえた。
画像


日が暮れるのを待ってライトを行うつもりでいたが、
風が強い日で収まる気配がまるで無いので残念ながら中止に。
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる