アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫
ブログ紹介
FZ200がついに壊れました。
愛知県豊川市を中心に徘徊しています。
HPに使用した写真はこちらからは順に削除して行っています。
http://winstonland.jimdo.com/
にまとめてありますので、よかったらどうぞ。
zoom RSS

どうした9月

2017/09/20 21:54
残暑感が無くいきなり秋になった気がします。
こんな9月は今まで記憶にないような。

お世話になっているブログ等で今年こそ撮りたいクスサンの話題も目にしますが、
一昨日に、だましだまし使っていたカメラがついに壊れました。
電源オン→電源オフ時のズーム倍率まで自動で移動→抵抗を感じると自動で電源オフ
の無限ループになってしまいました。 
最近は一日で10回位は電源が落ちて、一瞬だけ灯火に来た蛾を撮り逃がす
ことも度々あったけれど、もうレンズを下に向けても引っ張ってもダメ。

この趣味を続けるなら買い替えるしかなさそうです。
クスサンが見られるうちに買えるかが課題ですが
買い替えた直後にPCも壊れるんじゃないかと心配です・・・・

記事へトラックバック / コメント


ヨツボシホソバはもう結構

2017/09/16 21:51
ヨツボシホソバとマエグロホソバは良く似ていると言われる。
特に♀は大きくくっきり写して翅脈をみないと分からない。

前翅中央翅脈が先端寄りで3本に分かれていればヨツボシホソバ

うん、3本だ ハズれ
(2015年8月7日・豊川市上長山)
画像


これも3本
(2015年6月5日・豊川市足山田地区)
画像


色が違う もしや?
(2015年10月15日・豊川市上長山)
画像

褪せただけ〜

♂はムジホソバにも少しだけ似るが前縁基部のみが濃い。
これがマエグロホソバなら前縁全部が濃い。

なのでこれはヨツボシ
(2017年6月10日・豊川市千両町)
画像


これもヨツボシ
(2017年9月1日・豊川市宮路山)
画像


やっぱりヨツボシ
(2017年9月9日・豊川市平尾町)
画像


昨日も♂2頭♀3頭のヨツボシホソバの中

ん? コイツだー キターー!
(2017年9月15日・豊川市千両町)
画像

前縁がどうとかじゃなく、まるっきり印象違うね。

同じように何回見ても片方ばかりだったというものに
先日のハグルマトモエと共にヒメウンコエダシャクがあった。

こちらが多いヒメウコン
(2015年8月22日・豊川市音羽町萩)
前翅後縁の内側にある方の白い紋が分離して二つに小さく分かれ
後翅中央の横脈紋が目立つとされる
画像


こちらが今月出会えたウコンエダシャク
画像

ちなみに1990年までの愛知県の蛾のデータではヒメウコンの採集例は3頭しか無く
逆にウコンの方が普通種であったようだ。

まぁ、とりあえずこれで落としたかった3種をやっとクリア出来ますた。

最後に昨日見た謎ノメイガ風のもの。
何時も参考にさせて頂いている「四国の蛾図鑑」様には
不明ノメイガとして載っていた。
(2017年9月15日・豊川市千両町)
画像
記事へトラックバック / コメント


玩具レベルの水銀灯?

2017/09/10 07:44
900hの発電機に対して合計120hでは発電機の無駄遣いのような気がしていたので
ネットで低hの水銀灯を検索してみたらパナのバラストレス100h透明型が目についた。

価格はソケット込みで2200円+送料。
もう一つ上のh数でもイケる気もするが音の都合でエコモードで回したいので
まぁ、コレでいいかな と。
しかしバラストレスはh数の半分くらいの光量しか無いと注文後に知った・・・・

とりあえず表の蛍光灯を5本にして、裏側に設置してみる。
画像

画像


蛾の方にも多少は普段より多めに来た・・・・・・ような気はしたけれど
今までライトには来たことが無かった秋の鳴く虫が飛んできた。

チンチロリンことマツムシ♂
画像


クマスズムシ♀
画像

こいつの♂は非常ベルのような音で鳴くので面白いけれど
♀では要らない・・・・

スズムシ♀
画像


スズムシ♂
こいつって飛ぶのか??  と思ったら長翅型だった
画像


マツムシモドキは常連 でも鳴かない
画像


飛んで来て肩に止まったタイワントビナナフシ
結構飛べるのか?
画像


リーリーと街路樹の上で多数鳴くアオマツムシはもはや公害レベルの騒音
画像


蛾はシロオビドクガ
画像


キオビマダラメイガ
前縁に白が無いので別種かと思ったが雌雄の差みたい
画像

アヤメマルハキバガかカモンジマルハキバガか?
画像


この後、予想外の雨が降って来て方眼紙が全部ダメになった・・・・・・
記事へトラックバック / コメント


トビイロトラガ

2017/09/06 21:31
(2017年9月2日・豊川市東上)
新鮮な個体が飛来したので
画像

〆て三角紙へ
画像


後は常連さんばかり・しかもスレたものが多く記録のみ。

蛾以外ではエゴヒゲナガゾウムシの♀くらい
画像

測光モードを被写体に合わせていると黒っぽいものはみんな露出オーバーになってしまう。
逆に背景又は全体測光にすると蛍光灯が明るいので露出はどアンダーになる。
昨年まではノーマル蛍光灯を使っていなくて周囲が暗かったので普通に撮れていたけれど
今更あの暗さには戻れない。
他のモードで撮れればなんとかなると思うけれど、使っているカスタムモード以外はみんな壊れている。
最初は撮る時だけ蛍光灯を消していたけれど、もう面倒くさくなってしまった。

林道全線でクツワムシの鳴き声がしていた。
一頭撮ってみたけれど毎年同じような写真になってしまうなぁ。
画像





記事へトラックバック 0 / コメント 2


ちょっと抜け殻

2017/08/31 21:32
本宮山頂での大漁の反動で平地でのライトの
回数がぐっと減ってしまいそうである。
先週金曜には行ったけれど、先々週と先週の土曜日は
月もない暑い日なのに出掛ける気になれなかった。

ということで現在最後の持ちネタ?の8月25日ライトトラップ状況。

平地で発電機が使えそうな限られた場所の一つの平尾町のポイント。
ここは地味ライトでは車をどちらに向けるか をいつも悩んでいたが
今回は地味ライトDXってことで両面仕様で、どっちからでもかかって来い!
と期待していたけれど、飛来数は何時もと同じで、1.2倍にもなっている気はしなかった。

更にファインダーが壊れて3回目ともなれば油断も生じて、
老眼鏡を持ってくるのを忘れてしまった。
当然のようにボケ写真や見落としが大量発生・・・・

それでも一応、初が一ついた。
アヤナミツマキリヨトウ
(2017年8月25日・豊川市平尾町)
画像


よく目についたのがこれ PCに落とすまで何か全くわからなかったけれど
画像

キバネチビマダラメイガ  だと思う
画像

ヤママユの発生が始まったようだ(1頭のみ)
画像

ポイントではカヤキリが喧しかったけれどライトにも♀が二つ飛来
画像


シロテンアカマダラヒメハマキは3つ飛来 もうこの地方でも普通種なのかな
画像

こちらはサッポロヒメハマキ
画像


老眼鏡が無かったせいで見えなかった連中

カヤキリの右下に見えるのはオビマイコガか?
画像

クロテンハイイロコケガの右にいるのはキバガかヒロズコガ科か??
画像

クロウスムラサキノメイガの右にもマルハキバガ風の何かがいた
画像

コウイフモノヲ ワタシハトリタイ
記事へトラックバック / コメント


柳の下にはあと何匹?

2017/08/27 23:31
車のパワー・トルク感の無さをネットで検索していて、
燃料添加剤なるものの存在を今更ながら知り
呉工業のちょっとお高めの(店頭で価格表見間違えたw)を入れてみて
試運転もしてみたかったので
大漁旗を揚げた二日後の19日に再度本宮山頂へ。

点火剤を入れた直後と言うことで、前回より多少マシになったのかな?
くらいで、昨年並みの登坂能力は感じられなかったけれど、
アクセル踏むとちゃんと一段ギアが落ちるようになったw
(引き返した日はそれさえも無かったと言うことですな)

軽なので一缶で満タン3回分あるので、
使い切る頃にはしらびそ峠へまた行ける位のパワーが戻ればいいのですが・・・

さて、そんなことで今回も軽量仕様で再度登って来た訳だけれど、
この日はゲートが閉まってる。
よっしゃ、これで発電機を買った甲斐がある!

と思ったけれど、組み立てパイプやら発電機やら幕やらを
ゲート前からライトポイントまで持って行って、組み上げるのに
7往復30分以上もかかってしまった。
当然片付けも同じだから、かなり面倒くさかった。
(おまけに撤収時はゲート前に車好きさん達が何台か
集まっていてちょっと気まずかったしね)

天候は晴れ、気温は前回よりも高く今日は長袖が要らない日。
でも飛来数は激減、二日前の1/5くらいしか来なかった。
ムクゲコノハもアケビコノハも0
あれだけ鬱陶しかったクルマスズメも一つ離れた場所に転がっていたのみで
濃霧での集虫力の半端無さを実感出来ますた。

初確定は2種・2頭のみ でもいただけマシだよね。
一つはツガカレハ
(2017年8月19日・豊川市三河本宮山頂)
画像

もう一つはミツボシツマキリアツバ
画像

後、未同定の紅いマダラメイガ
画像


なんじゃこれ?
画像

がいた。

これだけでは寂しいので、あまり自分が見かけない種としては


アミメリンガ
これフラッシュで色が変わる蛾のようで
実際はこんなキツい黄色じゃなくて爽やかなレモンイエロー。
画像

アトテンクルマコヤガ
画像

フタモンコブガ
画像

マエモンノメイガがまた来た。
今日の方が新鮮っぽい
画像

この翅頂付近の黒紋の太さはエゾシモフリスズメでいいのかしら
画像

またキムジノメイガ(改) のようなヤツが来た。
今回のはゴールドじゃなくて汚れた薄茶色っぽくて
外縁が濃くて黄色の縁毛は翅頂部のみ濃い。
画像

現時点では保留種です・・・

サジヨコバイ?風の半翅目も名前が判らない
画像


あら、それでもこうして挙げると結構いたんだなぁ と思ってみたり。
次にここに来るのはクスサンやウスタビ狙いで九月末頃かしら
記事へトラックバック 0 / コメント 4


三河本宮山ライトトラップ(小型蛾中心)

2017/08/26 07:24
これは初ではないけれど、この日多かったトップ3が集合の図
(2017年8月17日・豊川市三河本宮山頂付近)
画像

シロテンキノメイガが最も多く、幕全面にこんな密度でついていました。
次いで多かったのがムジホソバ、そしてヒメキホソバでした。
シロホシキシタヨトウが4番目、5番目がハガタクチバかしら。

ではここからは初目撃の種
モンスカシキノメイガ
画像

ハグルマの下にも写っていたタイワンモンキノメイガ
画像

ヤツボシノメイガ
画像

シロハラノメイガ
画像

マエモンノメイガは本州では珍品なの? と思ったけれど
今では山形や秋田、北海道まで記録あるそうな
画像

フタマタシロナミシャク
画像

ウスムラサキヨトウ
画像

あらー可愛いキクビヒメヨトウ
画像

ピンクな小型種ギンモンアカヨトウ
画像

ニッコウフサヤガ
画像

ニシキキンウワバ
画像

昨日やっと名前の分かったカラフトゴマケンモン
画像


これだけ自身初を見たのに平地ではよくいる1a以下のミクロがとても少なく
ヤマモモキバガとネマルハキバガの仲間を見たくらい。
総じて大型寄りにシフトしている感じがしました。

カマキリモドキも普段見るものより大きいキカマキリモドキ
画像

トビケラも今まで見た中で一番大きいムラサキトビケラ
画像

クサカゲロウもかなり大きいオオフトヒゲクサカゲロウだった
画像
記事へトラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる