アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫
ブログ紹介
壊れかけたFZ200をぶら下げて愛知県豊川市を中心に徘徊しています。
何時まで経っても下手くそですが、
なんとか見られる写真が撮れればいいなぁと。
HPに使用した写真はこちらからは順に削除して行っています。
http://winstonland.jimdo.com/
にまとめてありますので、よかったらどうぞ。
zoom RSS

さわらびの

2017/04/24 20:43
早蕨の 握りこぶしを 振り上げて 山の横面 はる風ぞ吹く(蜀山人)
画像

そんな季節です

豊川市内を巡回してももう目新しいものにはなかなか出合えません。
今回もお馴染さんで

キジ
画像

ニホンザル
画像


キツネノアザミに来ていたコミスジ
画像


普段は山裾のせせらぎ付近で良く見るダビドサナエ
この個体はため池の横にいたので別の種と期待したのに・・・・
画像


今年はシオヤトンボより先にシオカラトンボに出会った。
画像


遅れていた季節もこのところの陽気で一気に追いついた感が。
春には早く来てほしかったけれど、これからはゆっくり移ろいでいって欲しいなぁ。
記事へトラックバック / コメント


春の週末三連闘(日)

2017/04/22 17:39
陽気的にイボタガは今季ラストチャンスと思うが
食樹がありそうでライトが出来そうな所が市内には思い浮かばない。
大崎霊園横にはかなりの数のイボタがあり、もしかしたらイボタガが来るかも知れないが
住宅地から見える場所なので墓地を照らしていると
イボタガより通報によりパトカーの方が先に来る可能性が高くて出来ない。

先日のようにまた新城市にまで出向けばもう少し期待値がありそうだが
欲しいのはイボタガの写真(標本)よりも市内での記録 と言うことに気がついたので
もうしばらくは市内限定での調査とすることにした。

今回は一応今まで春には調査していない千両町の中の1ポイント。

この三日間の中で今日が一番暖かいがはてさて・・・
(2017年4月16日・豊川市千両町)

一番乗りは良く見かけるヤマトカギバ
画像


マエキトビエダシャク
画像


ハングロアツバ
画像


ツマムラサキアツバ
画像


キンスジアツバ
画像


今日も来たエゾヨツメ ボロボロだね
画像


ツマジロエダシャク
画像


オオハガタナミシャク
画像


シロホソスジナミシャク
画像


オオエグリシャチホコ
ボロは昨年よく来たが新鮮なのは初めて
画像


今回タイトルを三部作にしたので、イボタガがついに来たのをオチにしているのか?
と思われたかも知れないけれど、影も見ていません・・・
記事へトラックバック / コメント


春の週末三連闘(土)

2017/04/19 22:12
この日は週末三日間の中では肌寒く飛来数も少なかった。
場所の上長山で、ここでもイボタガの食樹はみた記憶が無いが
「気がつかない場所にあるかも知れないから」と期待してみる。

一番多いのはウスクモエダシャク
三日間とも多かった
画像

近似種のハルタウスクモやクワエダは未遭遇なので
混じっていないか確認したが、どうやら全部ウスクモのようだった。

ナカキエダシャクは三頭飛来。
初めて見た時は見事なバウムクーヘン柄にびっくりしたが
その後は何度となく見かける普通種だった
画像


エゾヨツメが今日も来た 
画像


蛍光灯のコードに止まって帰るまでじっとしていた
画像


むむ また名前が浮かばないヒメハマキだ
マイヒメハマキ図鑑とはなんだったのか・・・
画像


小さなネギコガ
森では初だが自宅にはよく出る
画像


ナカグロツトガ
画像


コヨツメアオシャク
画像


この系統では一番多いキハラゴマダラヒトリ
大きめだったので別種のヒトリと思ったが残念
画像


この日一番気になった個体
キバガ科のように見えるが
画像


横から見ればむしろツノ
画像


持ち帰ろうとネットを差し出すが受け損なって逃げられてしまった シクシク

最後はエゾヨツメを近くのアラカシに移して撤収
画像

記事へトラックバック / コメント


春の週末三連闘(金)

2017/04/18 21:10
今年一番の陽気となる予報が出ていた先週末。
地味ライトを三夜連続で行うコトに。

市内イボタガに期待して昨年の日記を見て
同時期に行っていない場所を選んでみた。

金曜日は音羽地区の萩 イボタ等の植樹が付近にあるかは不明。

一番乗りはスカシコケガ
(2017年4月14日・豊川市萩)
画像


続いてフクラスズメ 後翅の青が確認できる
画像


ウスオエダシャク
画像


オオトビスジエダシャク
画像


ウスアカモンナミシャク
画像


ハスオビエダシャク
画像


直接ライトには来ずに車の後方でのたうちまわってた
カレハガ?をネットに入れて明るい所で確認したら

思いがけないエゾヨツメ !
画像

正直イボタガより豊川市内での確認は難しいと思っていた。

マダラスキバヒメハマキはこの夜一番多くて15くらい来たと思われる
画像


よくよく見たら全部がマダラスキバではなくて何種か別のものがいた。
うっすら緑ががっている謎ヒメハマキ1
画像


中央がアイボリーのヒメハマキ?
セシロ系やマエグロスソモンよりも肩部の白が幅広い謎ヒメハマキ2
画像


中央部のカギ紋が気になる謎ヒメハマキ3
ミダレモンヒメハマキの中の1タイプなのかしら?
画像


これは夏型とは全然模様が違うプライヤハマキの越冬型かな
画像


後翅が黒かったキヨトウ系と思われる種
クロシタキヨトウは夏の蛾と思うし、黒点の内側の白い短条が気になってましたが
マダラキヨトウとご教示頂きました。
画像


自己初のハングロキノメイガ
画像


ホソガ タイプ1
画像


ホソガ タイブ2
画像


本日一番小さかった蛾 3ミリくらいだろうか
方眼紙に乗せて撮りたくて、そっと近づけたが即座に反応して消え去ってしまった
画像


こちらも気になる緑のユニオンジャック柄
一枚撮ったら(ボケてたー)すぐに消え去ってしまった とても悔しい
画像


アツバもまだ未同定
画像

この他ケンモンキリガとスカシエダシャクとカバナミシャク系は多めだった。
やること多過ぎて、4日遅れでやっと一日分を掲載・・・・
記事へトラックバック 0 / コメント 2


月夜に強風

2017/04/09 21:29
昨日雨なのに気温が上がりあっという間に桜は満開。
今日は午前中には雨は上がったが、
夕方は強風でおまけに月夜で明日は仕事。
今日は止めようかと散々悩んだ挙句まっ暗くなってからイボタガ狙いたくて
風を余り受けないと思われる窪地で決行。

しかし窪地でも設置の段階でカーテンははためき、方眼紙は舞い散らかる。
5分で「こりゃあかん」と撤退しますた。

獲物はフクラスズメ一つのみ・・・・・
(2017年4月9日・豊川市千両町)
画像


記事へトラックバック / コメント


外れろ天気予報

2017/04/07 23:42
楽しみにしていた今年一番の陽気となる週末3日間が
東海地方は全て雨予報となっている。
本当なら今日は少し遅くまでやりたかったのに・・・・・

一昨日一時間半だけ照らしてみたがやはり翌日は少し辛かった。
その時の獲物
(2017年4月5日・豊川市足山田地区)

セスジナミシャク
画像

カッコいい模様だが何時でも来るお馴染さん

シタコバネナミシャク
画像

老眼には:現地で翅の赤い部分が全然見えない・・

ウスギヌカギバ
画像

この種も冬以外は結構見られる

ノヒラトビモンシャチホコ
画像

飛来しても殆ど止まらずどいつもこいつも動きまくる蛾。

アカエグリバ
画像


ホソバキリガ
画像

飛び古した個体

ウスバキエダシャク
画像

数頭来たがみんなスレていた。

エグリエダシャク
画像

飛来してもなかなか止まらない蛾としてナシイラガと本種が
自分の中では筆頭だったが、今回限りで先述のノヒラトビモンにその座を譲った。

オオマエキトビエダシャク
画像

似たマエキトビエダよりも見る回数は多い

ナミテンアツバ
画像

今回が初撮影かも知れない
(まだ一昨年のヤガ科の整理が終わっていなかったりします)

トビモンアツバ
画像

変異が多い種のようだ

スカシエダシャク
画像

写真では透かし具合が良く分からない・・・

ウスクモエダシャク
画像

こいつは新鮮なので何時か作ろうと思っているマイ図鑑で使用しよっと

ヒメクビグロクチバ
画像

この仲間は結構近似種がいるが今回もヒメのようだ。

カギモンヤガ
画像

撤収中に方眼紙の下から出てきた

以下は昨日の夜に同定仕切れなかったもの
昨年はこのような種は殆ど載せないままデータを無くしてしまったので
今年は保存と言う意味でもなるべく載せておこうと思います

1 ツマキリアツバ系と思ったけれど
ウスモモイロアツバとご教示頂きました。
画像


2 カラスヨトウ系と直感では思ったけれど
モクメクチバとご教示頂きました。
画像


3 ケンモンに似たようなのがいるなと思っていたけれど
こちらはキリガのケンモンキリガとご教示頂きました。
画像


4 多分アツバと思っていたけれど・・・・
ウスグロクチバとご教示頂きました。
画像


5 モンヤガ類と思ったけれど違うのかしら クロテンキリガ風でもありますが・・・
画像


この他カバナミシャクの仲間3種も未同定群にいます・・・
本命のイボタガはやはり現れず。
でもイボタガ(とエゾヨツメも)を見れたら満足してこの時期に行く回数は減るかも知れないので
見られないうちが華かもね。
記事へトラックバック 0 / コメント 4


新城市富岡にて

2017/04/02 21:38
同定の参考にさせて頂いている四国の蛾のブログにて
先週イボタガを撮影されていた。
四国で先週見れたのなら、こちらなら今週でも可能性はあるんじゃないかと
イボタノキが多く、これを食すウラゴマダラシジミの多産地でもある
新城市富岡の宇利峠の麓でライトをするコトに決めた。
イボタ以外でもモクセイとかネズミモチ辺りも食樹となっているようだが
やはりイボタが一番じゃないか?というコトで。

とりあえず午前中に場所探しに出向くが、下が舗装の場所は見つけられなかったので
一度戻るついでにホームセンターに白いシートを買いに行く。
道中とても気になったのは相変わらずソーラーシステムは増殖していること。
2年前には無かった場所に何カ所もソーラー畑が出現していた。

並べ方にセンスが感じられないソーラー畑
画像


ブルーシートなら安いのに同じ素材の白色って無いんだね。
白いのは防火シートしか無かったのでこれを購入。
夕方に再度訪れてスイッチオン。 おお何時もより明るく感じられるゾ 
これは期待できそう!
画像


場所はオオミドリシジミやウラキンシジミを撮影したアノ場所。
ここならイボタガは仮にダメでも外道として色々な種が来るだろう。



寒い

寒い寒い寒い



来たのは

1時間半で

マユミトガリバ一頭のみ!
画像


いくらなんでもひどすぎない??
記事へトラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる