里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫

アクセスカウンタ

zoom RSS 外れろ天気予報

<<   作成日時 : 2017/04/07 23:42   >>

トラックバック 0 / コメント 4

楽しみにしていた今年一番の陽気となる週末3日間が
東海地方は全て雨予報となっている。
本当なら今日は少し遅くまでやりたかったのに・・・・・

一昨日一時間半だけ照らしてみたがやはり翌日は少し辛かった。
その時の獲物
(2017年4月5日・豊川市足山田地区)

セスジナミシャク
画像

カッコいい模様だが何時でも来るお馴染さん

シタコバネナミシャク
画像

老眼には:現地で翅の赤い部分が全然見えない・・

ウスギヌカギバ
画像

この種も冬以外は結構見られる

ノヒラトビモンシャチホコ
画像

飛来しても殆ど止まらずどいつもこいつも動きまくる蛾。

アカエグリバ
画像


ホソバキリガ
画像

飛び古した個体

ウスバキエダシャク
画像

数頭来たがみんなスレていた。

エグリエダシャク
画像

飛来してもなかなか止まらない蛾としてナシイラガと本種が
自分の中では筆頭だったが、今回限りで先述のノヒラトビモンにその座を譲った。

オオマエキトビエダシャク
画像

似たマエキトビエダよりも見る回数は多い

ナミテンアツバ
画像

今回が初撮影かも知れない
(まだ一昨年のヤガ科の整理が終わっていなかったりします)

トビモンアツバ
画像

変異が多い種のようだ

スカシエダシャク
画像

写真では透かし具合が良く分からない・・・

ウスクモエダシャク
画像

こいつは新鮮なので何時か作ろうと思っているマイ図鑑で使用しよっと

ヒメクビグロクチバ
画像

この仲間は結構近似種がいるが今回もヒメのようだ。

カギモンヤガ
画像

撤収中に方眼紙の下から出てきた

以下は昨日の夜に同定仕切れなかったもの
昨年はこのような種は殆ど載せないままデータを無くしてしまったので
今年は保存と言う意味でもなるべく載せておこうと思います

1 ツマキリアツバ系と思ったけれど
ウスモモイロアツバとご教示頂きました。
画像


2 カラスヨトウ系と直感では思ったけれど
モクメクチバとご教示頂きました。
画像


3 ケンモンに似たようなのがいるなと思っていたけれど
こちらはキリガのケンモンキリガとご教示頂きました。
画像


4 多分アツバと思っていたけれど・・・・
ウスグロクチバとご教示頂きました。
画像


5 モンヤガ類と思ったけれど違うのかしら クロテンキリガ風でもありますが・・・
画像


この他カバナミシャクの仲間3種も未同定群にいます・・・
本命のイボタガはやはり現れず。
でもイボタガ(とエゾヨツメも)を見れたら満足してこの時期に行く回数は減るかも知れないので
見られないうちが華かもね。

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
★最近はライトをしませんが、いろんな種が出始めましたね。
 スカシエダシャク以前にライトに来ましたがスレスレでした。
★カラスヨトウのような蛾には、以前同定に労しました。
 モクメクチバだと思います。
http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Catocalinae/Perinaenia_accipiter.html
ツユヒメ
2017/04/09 09:16
1は → ウスモモイロアツバ
4は → ウスグロクチバ   のようですね。
ツユヒメ
2017/04/09 19:16
ツユヒメさん、お忙しい中を
何時も何時もお手数お掛けします。
モクメクチバ、ウスモモイロアツバ、
ウスグロクチバ確認致しました。
ヤガ科には(にも)まだ本当に弱いです
今後ともご教示の程何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m
始終空
2017/04/09 21:10
コメント欄に反映されていないようですけれど、
4についてはツユヒメさんからケンモンキリガ
とのご教示を受け、確認しまして訂正を致しました。
今回もまたありがとうございました。
始終空
2017/04/10 20:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
外れろ天気予報 里山ひきこもり-豊川市とその周辺の鳥と昆虫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる